トレーナーで選択

上半身フィットネストレーナーを、自社のホームページで、紹介しているフィットネスクラブもありますので、フィットネスクラブを選ぶ際には参考になります。そこにはトレーナーの上半身も写っている写真が、添えられていたりします。そのトレーナーの実績を、上半身の鍛え具合で、判断することもできます。

写真以外にもトレーナーごとに、何を売りにしているか、プロフィールも書かれていますので、それも読んで、希望のトレーナーを探すようにして下さい。現役のプロレスラー・水泳の指導員・医療機関に勤務する人など、さまざまな人がトレーナーとして働いています。

よさそうなフィットネスクラブが見つかれば、体験入会や見学をさせてくれるところがほとんどです。肌でそこの雰囲気を、感じることも重要です。

フィットネストレーナーの給料は、フィットネスクラブに入ってすぐのころは、20万円前後です。年収にすると、200万円台。これが経験を重ねることや、関連資格の取得などで上がっていき、500万円くらいもらっている人もいます。最近では、24時間営業するフィットネスクラブも、増えてきています。これに伴って、働き始めてすぐであるにもかかわらず、一般の会社員より少し多めに、給料もらっているケースもあります。

完璧なアドバイス

トレーナーフィットネストレーナーはアドバイスを始める前に、まずカウンセリングを行います。フィットネスクラブ会員の、今の体の状況などを正確に把握しなければ、的確なアドバイスをすることができないからです。カウンセリングの際の対応方法についても、トレーナーはフィットネスクラブから、きちんと教育されていますので、彼らのほとんどが生来さわやかなこともありますが、とても感じのいいカウンセリングをしてくれます。かなりの期間、フィットネスクラブに通うことになったとしても、カウンセリング担当してくれたトレーナーを、変えたいという気になることはまずないでしょう。

カウンセリングが終了すると、実際のトレーニングに入ります。トレーニングは、専用の器具を使うことが多いです。その器具をトレーナーは調整し、最高の効果が出るよう、負荷のかかり具合をコントロールします。ここまで完璧な準備をしていますので、その器具を会員が使っているときのアドバイスは的確です。

学生時代のクラブ活動などで筋トレをした後、ストレッチをすることなど、まるでなかったという人も多いと思います。しかし今はトレーニング後、ストレッチをすることは常識。そのストレッチにもトレーナーはつきあってくれ、彼らがサポートする形でストレッチを行います。その際にも、会員の体の特色を把握。今後の改善につなげる努力を怠らないのです。

トレーナーの仕事

それはそのフィットネスクラブの、トレーナーの質です。フィットネスクラブにまだ1回も行ったことがない方は、ご存じないかも知れませんが、指導をマンツーマンで行ってくれるトレーナーと呼ばれる人が、フィットネスクラブには必ずいます。体力をつけ、健康になりたいと考えて来るお客さんに対して、最適なプログラムを作成し、アドバイスしてくれるのがトレーナーです。

マシーン自己流でいくらトレーニングを行っても、効果には限界があります。専門知識を有し、みずからの経験も豊富なフィットネストレーナーのアドバイスは非常に的確で、数段上の結果を期待できます。彼らのアドバイスは、自己流では限界のあるトレーニング方法の改善点の指摘以外にも、腰痛・肩こり・生活習慣病の改善から、けがのリハビリテーションにまで及びます。

また彼らは、体育系大学出身の明るいキャラクターの人たちが多く、話をしていても楽しい人ばかりです。1人で黙々とトレーニングするより、そんな彼らと一緒にする方が、これも効果アップにつながります。スポーツも肉体トレーニングも、メンタル面がとても重要です。アスリート出身者が多い彼らは、そのことを熟知していますので、意図してこうしてくれるのです。

推奨サイト>>>MEGALOS
・・・パーソナルトレーナーがいるフィットネスクラブの情報です。